2010年11月22日

世界最高性能のコンピューター

supercomputer.jpg

2002年、「地球シミュレータ」。
かつて、圧倒的な性能で世界に衝撃を与えたスーパーコンピュータがあった。

その性能は、スプートニクショップになぞられ「コンピュートニクショック」と呼ばれ、アメリカ政府によるスーパーコンピュータに対する大きな投資の契機となった。




「TOP500 Supercomputing Sites」は御存じだろうか。
http://www.top500.org/

この11月にランキングの更新があり、中国のシステムが初めて1位を獲得した。
これはアメリカと日本以外の国が初めて1位を獲得したこととなり、スーパーコンピュータも新時代を迎えたといえよう。

さて、スーパーコンピュータの世界にも流行がある。

今の流行は「スカラ型」と呼ばれるスーパーコンピュータ。
これはアキバで買えるようなパーツを集めてパソコンを作り、数十万台、並べて繋げる。
当然、1台1台の性能は低い。
しかし、うまく作業分担できることで最終的な能力は高い。

さて、日本が得意とするスーパーコンピュータは「スカラ型」ではなく「ベクトル型」と呼ばれるもの。
これは、アキバでは買えないパーツ・・・全てが専用品で作られたコンピュータ。

もちろん、この地球シミュレータも日本のお家芸であるベクトル型であった。

ではなぜ、「スカラ型」が流行っているかというと、それはコスト。
開発費はもちろんのこと、維持費も安上がり。
なんていったって、パーツがアキバで買える(ようなもの)からである。
posted by Ryo ASADA at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

デジカメの「画素数」に騙されるな

camera.jpg
「デジカメ」は三洋電機さんの登録商標です。
「デジカメ」という言葉を仕事で使うときは注意が必要です

記事のカテゴリが「マーケティング」かどうか悩みましたが、
デジカメの「画素数」というのは「ただのセールストーク」ですので。

さて、なんでこんな記事を書いたのかというと、

ソフトバンクモバイル、CCD1410万画素のカメラを搭載した防水デジタルカメラケータイを発売(日経プレスリリースより)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=266704&lindID=4

デジカメの性能を図るのに「画素数」は非常に分かりやすい指標
レンズが捉えた「画」をどのくらい細かい粒子に分解できるか、という性能です。
これは画面で表示した時や、紙に印刷したときの粒子の細かさにも影響します。

パソコンや携帯の画面は「ピクセル(ドット)」の集まりで文字や図形・絵などを表現しています。
今見ているこのPCや携帯の画面も、「ピクセル(ドット)」のあつまりです。
目を近づけてみたり、虫眼鏡とかで見てみると「点」が見えますよね。

さて、今これを見ているパソコンのディスプレイの画素数はどのくらいでしょうか?

「1280×1024」(約130万画素)ですか?
「1920×1200」(約230万画素)ですか?

仮に「1920×1200」という、非常にハイスペックなディスプレイをお持ちだったとする。
1920×1200は『230万画素』です。

・・・お気づきでしょうか?

パソコンの画面で見るのであれば、どんなに大きい写真でも『230万画素』のデジカメ(相当昔のデジカメのスペックですね)で撮った写真で十分。
それ以上の画素数のカメラで撮影してもピクセルが無駄になります。

例えば、1410万画素で撮影した写真を230万画素のディスプレイで表示した場合、

 1410万 - 230万 = 1180万

つまり、1180万画素の無駄が発生します。

さて、1410万画素をピクセル換算すると、4320 x 3240 ピクセル
こんな写真のピクセル情報を余すことなく表示できるディスプレイは、存在しません。
(実際は存在しますが、特殊用途向けで、とても高価なものです)

「紙に印刷する場合はどうなんだ?」との疑問はありますが、それは次回に譲ります。


posted by Ryo ASADA at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

SAGAWA B2B決済サービスに「北辰フーズ」様の導入事例を公開しました。

pic1.jpg

私がWebマーケティングを担当している「代金回収のお悩みをすっきり解決/SAGAWA B2B決済サービス」のWebサイトに「株式会社北辰フーズ」様の事例を公開しました。
http://www.sagawab2b.jp/example/2010/example-41.php

夕張メロンは、夕張市農業協同組合の厳格な検査のもとに出荷され、規格外商品を流通させないことでその価値を保ち続けている高級メロンの代名詞です。

非常に繊細な果肉をもっており、難点としては「日持ちがしない」こと。
今でこそ物流網の整備で、北海道外でも普通に食べられるようになりましたが、昔は北海道内でしか食べることができませんでした
(ちなみに、夕張メロンの産地直送に初めて成功した物流業者は「フットワーク」)

北辰フーズは夕張市農業協同組合から、夕張メロンの果汁使った加工食品の製造の依頼を受け、研究の末に「シャーベリアス夕張メロンゼリー」を完成。
世界で初めて夕張メロンゼリーの果汁を使ったゼリーを市場に流通させたパイオニア的存在です。

今でこそ、夕張メロン果汁を使ったゼリーはいろいろとありますが、元祖はシャーベリアス夕張メロンゼリーです。

さて、今回は取材に先だって
・「シャーベリアス夕張メロンゼリー
・競合商品である「夕張メロンピュアゼリー」
の両方を思い切って、自腹(!)で購入、食べ比べてみました。

食べてみると・・・
1回しか食べないなら、「夕張メロンピュアゼリー」。
でも、繰り返し食べるとなると「シャーベリアス夕張メロンゼリー

シャーベリアス夕張メロンゼリー」は余分なものは一切加えず、「メロンの青臭さ」(香り)まで見事に再現されています。

比べて「夕張メロンピュアゼリー」は、メロン果汁のほかに「レモン」、「洋酒」等を加えて、「すっきり」とした風味に仕上がっています。

ストロングスタイルの「シャーベリアス夕張メロンゼリー
に対して、ショービジネス的な「夕張メロンピュアゼリー」

嗜好品なんだから、どっちが正しいということはありません。

でも私は「シャーベリアス夕張メロンゼリー」。
味に「真面目さ」「ひたむきさ」「奥深さ」を感じさせる、美味しいゼリーです。
posted by Ryo ASADA at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | SAGAWA B2B決済サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。