2011年02月22日

デジカメの「画素数」に騙されるな(その3)-センサーとは?

canon_cmos_m.jpg

前回、『「画素数」とは分かりやすさで素人を騙す「魔法の数字」。』と書いた。
更に『「画素数」は「画質の良さ」ではありません。』とも書いた。

結論から言おう。
「画質が良い(高画質) = センサーの大きさ ÷ 画素数」
である。

同じ画素数であれば、センサーが大きければ大きいほど画質が良い。

例えば、同じ1,000万画素で、デジタルコンパクトカメラとデジタル一眼レフカメラがあったとする。
コンパクトカメラのセンサーは小さく、一眼レフカメラのセンサーは大きい。

分母が変わらないのであれば、分子が大きければ数が大きいというのは算数の基本。

一眼レフカメラが高画質であるのはそんな理由。(※)

センサーの大きさ(面積)が広ければ、粒子1粒1粒を大きく設計することができる。
これは、ポッキーとジャイアントポッキーを比較したときに、両方とも同じ本数しか入っていないがジャアントポッキーのほうが1本1本が太いのと同じ理由である。(本当は本数が違うかもしれない・・・)

工業製品であるからして粒子が大きいほうが、性能を高めることができる。。

「粒」は、画素。
画素数は「粒」がいくつかるか? である。

センサーには「粒」がついている。
「粒」は映像を」「ドット」に分解する。

1粒1粒の性能が良ければ、1ドット1ドットの画質が良く、写真としての高画質になりうる。

「画素数」に騙されてはいけない。
posted by Ryo ASADA at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。