2010年10月20日

佐川急便、セールスドライバーの携帯端末導入

先週たまたま見たら、セールスドライバーさんの手持ち端末が、新しくなっていました。

・・・と思ったら、本日付けのニュースリリース。

佐川急便、セールスドライバーの新型携帯端末にバーコードスキャナ付きスマートフォン24000台を導入 国内最大級規模!

セールスドライバーの新型携帯端末に

バーコードスキャナ付きスマートフォンを24,000台導入

 SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(本社:京都市南区、社長:平間正一)は、セールスドライバーが集配業務で使用している現行端末を刷新し、10 月21 日(木)より新型携帯端末としてバーコードスキャナ付きスマートフォンを全国で24,000 台導入いたします。

 新型携帯端末の導入に当たっては、「顧客満足度の向上」、「ドライバー業務の簡素化・負荷軽減」を主な目的として、機能性・汎用性・操作性の向上を目指しました。・・・・

(http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=264260&lindID=5)


ニュースを読み進めていますと、「これまでのドライバーの携帯端末台数を半減」という表記があります・・・これは、セールスドライバー手持ちの端末

・携帯電話
・PDT
・クレジットカード決済端末
・プリンター

これを

・携帯電話 + PDT(今回ニュースになっている端末)
・クレジットカード決済端末 + プリンター

と、1台2役に統合することで、管理コストを削減しようという取り組みです。

もちろん、管理コストを安くするだけでなくハードウェアを整えることで、新しいサービスを展開しやすいようにするという目的もあります。

たとえば計画中のサービスとしては、「再配達依頼が携帯メールでできるように」。

だそうです。
posted by Ryo ASADA at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 物流関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166464192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。