2011年05月23日

google analyticsをExcelでなんとかしよう!

たまには、Webマーケティングっぽい記事をアップします。
でもやっぱり、excelだったりします。

アクセス解析でアクセス日(曜日)や時間帯って当初の想定と違う結果が出てきたりして、面白い。
法人向け情報を提供しているのに、なぜか週末・深夜のアクセスが多かったり。
そういうときは、コンテンツを変更してみたり・リアルなプロモーションの方法を変えてみたり。


今さらですが、google analyticsを少し使い込んでくると、「理論上取得できるけど、手間がかかりすぎる」ようなデータ集計をしたくなります。

上記のような「日別・時間帯別・ページ別・アクセス数」みたいな情報を半年分まとめての抽出をWebの管理画面でやろうとすると、相当手間です。

そういうときは、ga-apiを使って「作って」しまいましょう。

ということで、私の大好きな「Excel」でga-apiを使ってgoogle analyticsのデータを取得するマクロを作ってみました。


gaデータ抽出マクロ.xls
(注意:マクロが含まれています。)



尚、完全に個人用ツールです。
細かいところが動かなかったりすることもありますが、ご愛嬌ということで。

また、ツールを作成するときに以下のサイトを参考にさせていただきました。
この情報がなければ、ツールを作成することはできませんでした。

http://d.hatena.ne.jp/toshiyuki_saito/20091020/1255995932

ありがとうございました。


<使い方>

(チュートリアル編)
1.「gaデータ抽出マクロ.xls」を開く
2.マクロを有効にする。
3.セル「B2」のemailにgoogleanalyticsのアカウントを入力
4.セル「B3」のpasswordにgoogleanalyticsのパスワードを入力
5.「Do」ボタンをクリック
 (ここで、google analyticsのprofile idが分かれば入力しちゃえばいいのですが、
  多分分からないと思いますので、とりあえずは空白でいいです。)
6.少し待つとprofile idの一覧が表示されます。
7.「6.」で出てきたprofile idを参考に「B4」を穴埋めする。
8.再び「Do」ボタンをクリック。


(少し細かい説明)
●セル「C7」,「D7」のfrom to・・・抽出期間で「日付」です。
 日付の範囲を変更すれば、抽出される期間も変わります。
 
●「A13」〜「A25」のdimentionと「B13」〜「B25」のmetricsについて・・・
 dimentionは「データ切り口」(ページ別とか、日付別とか・・)
 metricsは「指標」(PV数とか、セッション数とか・・・)
 を示します。
 
 セルにカーソルを置いて「SelectWindow」ボタンをクリックしてみてください。
 簡単に選択できる画面が表示されます。

 尚、「dimention」と「metrics」は複数設定できますので、やってみてください。
 

 「filter」や「sortkey」は・・・必要に応じて、以下のWebサイトを参照して設定してみてください。
Google Analytics Data Export API のデータ フィードに関する詳細なリファレンス
posted by Ryo ASADA at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。