2011年06月20日

スーパーコンピューター世界一の座はどの国に?(速報)

ドイツ・ハンブルグで開催中の世界的な国際会議・展示会の「ISC'11」で
最新の「TOP500」が発表された。
TOP500とは、世界で最も高速なコンピュータシステムの上位500位までを定期的にランク付けし、評価するプロジェクトである。1993年に発足し、スーパーコンピュータのリストの更新を年2回発表している。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)における傾向を追跡・分析するための信頼できる基準を提供することを目的としており、ランク付けはLINPACKと呼ばれるベンチマークにより行われている。リストの作成はマンハイム大学、テネシー大学、ローレンス・バークレイ米国立研究所の研究者らによって行われる。
---wikipediaより

前回(2010/11)に第1位だった「天河一号」は第2位に後退し、久しぶりに日本のスーパーコンピュータが第1位を獲得した結果となった。


●第1位は、我が日本のスーパーコンピュータ「京」(独立行政法人 理化学研究所)
実効性能は、8,162テラフロップス(≒8.1ペタフロップス)

●第2位は、「天河一号」(中国:国防科学技術大学)
実効性能は、2,566テラフロップス(≒2.5ペタフロップス)

●第3位は、「ジャガー」(アメリカ:オークリッジ国立研究所)
実効性能は、1,759テラフロップス(≒1.7ペタフロップス)

●第4位は、「星雲(ネビュラ)」(中国:国立スーパーコンピュータセンター深セン)
実効性能は、1,271テラフロップス(≒1.2ペタフロップス)

●第5位は、我が日本のスーパーコンピュータ「tsubame 2.0」(東京工業大学)
実効性能は、1,192テラフロップス(≒1.1ペタフロップス)

http://www.top500.org/
posted by Ryo ASADA at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210894930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。